睡眠のリズムを意識すること

ぐっすりとした睡眠を意識すること

SSRIなどの睡眠薬を服用することで、次第に生活のリズムが整えると思います。そのなかで、生活の中で必要な睡眠ですね。

 

睡眠は、体の疲れや臓器、血液の流れなど、様々な部分の生成に必要な部分です。逆に、睡眠不足になると、大きな病気のきっかけになるために、ちゃんとした睡眠を意識することが大事になりますね。

 

どうしても、鬱病の症状が起こると、不眠が起こりやすくなります。
部屋を暗くして、横になると、ついつい嫌なことを考えてしまい、眠れない世界に入り込んでしまう。夜に寝付けないと、夜中に度々目が覚めるといった障害がおこります。

 

一週間のうちに1日2日ならさほど心配することはありませんが、一週間や二週間と度々起こるのなら、気に留めなくてはいけない。

 

不眠症で、精神的にもダメージが強くなり、うつ病の症状が強くなってしまいます。そのために、うつ病の薬であるSSRIを服用し、心や精神を落ち着かせることもひとつの手段です。

 

 

うつ病の回復とともに、不眠症状も少しずつ改善されてくるので、これを意識的に睡眠のリズムをしっかりともとに戻すことが大事。

 

睡眠時間は、決めたからといってその時間に寝付けるものではない。

 

そこで、まずは起床時間を決める。職場復帰後に必要な起床時間でなくても構わないので8時位までには起きるように決めておくこと。

 

このあたり前のようなことを意識するだけでも、体の疲れや精神的な部分を和らげることにつながります。

 

 

ページの上へ