さまざまな抗うつ剤の問題点

用量を考えて服用すること

まず、抗うつ剤の問題点として、軽い依存性があります。ですので、必要な時間に必要な量だけ服用することがが大切になります。一番は担当の先生としっかりと相談して安全、かつ上手に使うこと。

 

抗うつ剤を不安や恐怖を感じると予想できる場面の1から2時間前に頓服すると気持ちが落ち着いてリラックスする効果が期待できます。緊張する場面は人によって違いますが、そう毎日続くわけではなく週に一回、月に数回、当レベル程度の回数習い全盛の問題怒らないと考えられています。

 

抗不安薬を飲むと場合によって眠気が起こります。それからめまい、ふらつきなどを感じる人も。ですので、自動車や自転車の運転は避けるようにしておきましょう。

 

特にアルコールと一緒に抗うつ剤を服用すると、効果が強くなったり、副作用が起こる可能性もあるために、アルコールを飲むときは、抗うつ剤を服用してから時間が相手から飲むように心がけましょう。

 

 

ページの上へ