抗うつ剤SNRIの効果

SNRとは

SSRIが発売してからすぐに登場したのがSNRIです。

 

このSNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の略で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるSSRIと同時の作用が期待できます。

 

神経伝達物質の重要鯛に対する作用がほとんどないため、三環形抗うつ薬では問題となる口の渇き、便秘、尿漏れ、起立性低血圧、眠気、心毒性などの副作用が少なく、安全性が高い抗うつ薬です。

 

2000年に日本国内では初のSNRIとしてミルシプランが発売され、2010年にデュロキセチンが認証されました。

 

SSRIがシナプス前の神経におけるセロトニントランスポーターに選択的に作用するのに対して、SNRIはセロトニントランスポーターとノルアドレナリントランスポーターの両社に結合し、シナプス還元のセロトニンとノルアドレナリンの両方を増加させることで抗うつ剤の効果を発揮します。

 

特徴的なところとしては、SSRIよりも効果があらわれるのが早い所で、比較的に3〜5日ほど短く効果を感じることができるとされています。

 

ただし、SSRIの場合は抗うつ効果以外にも不安障害に適用されますが、SNRIは抗うつにしか効果がないとされているために、利用するときは症状に合わせてから服用することになります。

 

 

ページの上へ