抗うつ剤の効果とは?

副作用が少ない所

SSRIとは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬の略で、新しいタイプの抗うつ薬です。

 

日本国内では1999年に国内でプロザック(フルボキサミン)、2000年にパキシル(パロキセチン)が、2006年(ジェイゾロフト)セルトラリンが発売されました。

 

うつ病と脳内セロトニン神経の関係は、うつ病では、セロトニン神経の神経の末梢であるシナプス感激でのセロトニン量が少ないため、セロトニンの神経伝達低下していると考えられています。

 

この部分をSSRIが改善してくれるわけですね。

 

SSRIは三環形抗うつ薬と異なり、アセチルコリン神経、ヒスタミン神経、ノルアドレナリン神経などの他の神経の受容体への阻害作用がないことから、抗コリン作用と呼ばれています。抗ヒスタミン作用、こうノルアドレナリン作用をほとんど示さないために、三環形抗うつ薬で問題とされていた大きな副作用である口の渇き、便秘、尿が多いこと、眠気、心毒性などの副作用が軽減されたわけです。

 

しかし、食欲低下、下痢、と言った消化器官などはおこるために、SSRIが完全になくなるというわけではありません。

 

また、24再いかに投与すると自殺のリスクが高まるという報告もあるため、投与に際してはその利点を考えて服用しなくてはいけませんね。

 

 

ページの上へ